新宿中央クリニックの薄毛治療・aga専門サイトのクリニックブログです。

0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

メール相談・カウンセリング予約

  1. HOME > 
  2. クリニックブログ

クリニックブログ

毎日同じヘアスタイルは危険!?新宿で薄毛治療をしよう

「最近髪の分け目部分が気になる」という人は、毎日同じヘアスタイルになっていませんか?
ヘアスタイルを変えずにいると、薄毛を引き起こしてしまう可能性が大きくなります。
新宿で薄毛治療をしている人の中には、知らない間に頭皮に負担をかけてしまい治療を受けに来ている方もいます。
本格的な薄毛治療を始める前に、自身のヘアスタイルを一度見直してみましょう。

ヘアスタイルが薄毛を招く理由とは?

ヘアスタイルが薄毛を招く理由とは
毎日同じヘアスタイルじゃないと落ち着かないという人は意外と多く、自然に髪の毛にもクセがついている方も多いのではないでしょうか。
しかし、ヘアスタイルを変えずにいると薄毛の原因を作ってしまいます。
その理由は、毎日同じ分け目に対して髪の重力が加わり、頭皮に負担がかかってしまうからです。
屋外で陽光を浴び紫外線によるダメージを受けることにもなります。
汗をかいたり外気にさらされ汚れが付着したりすると、分け目部分に皮脂が詰まりやすくなってしまうでしょう。
このようなことから頭皮に負担がかかり「牽引性脱毛症」を引き起こしてしまう可能性があります。
「最近おでこが後退してきている」「分け目の地肌が目立ってきた」という方は要注意です。

ヘアスタイルによる抜け毛はどうやって解消する?

ヘアスタイルによる抜け毛はどうやって解消する
毎日のヘアスタイルによる抜け毛は、同じ頭皮の部位に負担がかかっていると説明しました。
分け目部分の薄毛が気になる人は、少しずつ分け目を変えてみましょう。
左右反対に分け目を作ってみたり、分け目を作らずオールバックにしてみたり、ヘアスタイルを変化させれば薄毛予防になります。
毎日髪の毛を束ねているという人も同じように同じ方向に負担がかからないよう束ねない日を作るなど心掛けてください。

頭皮をいたわる習慣と薄毛治療の効果

頭皮をいたわる習慣と薄毛治療の効果
毎日の抜け毛を予防するには、できるだけ頭皮に紫外線を当てないようにすることが大切です。
分け目に注意することも重要ですが、帽子などを活用し紫外線対策するようにしましょう。
頭皮の色が変わってきたり、負担を感じる時は指で軽くマッサージしてみてください。
血行が促進され頭皮や髪に栄養が届きやすくなります。

髪の健康を守る努力を努力をしても、頭皮は長年蓄積されたダメージによって薄毛の進行が抑えられない時もあります。
その際は、ヘアケア習慣だけでなく信頼できる専門クリニックに頼ることも大切です。
新宿には薄毛治療を専門とするクリニックが多数あり、医師・カウンセラー・看護師の3体制で薄毛治療を行っています。
薄毛治療だけでなく髪の毛に関する些細なことでも解決に導いてくれるので、まずは新宿エリアで信頼できるクリニックを探してみましょう。

新宿で話題のメドジェットとは?成長因子と薄毛治療の関係性について

成長因子は女性の美容液に含まれている成分で、美容効果が期待されているたんぱく質のことを言います。
しかし、今回注目してほしいのは成長因子が薄毛治療に効果をもたらすという関係性についてです。
メドジェットによる薄毛治療は、加齢によって減少していく成長因子を注入し発毛を促す作用があります。
今回は、成長因子を利用したメドジェットは薄毛治療にどのような効果をもたらすのか、詳しくご紹介していきましょう。

成長因子を薄毛治療に取り入れるメリット

成長因子を薄毛治療に取り入れるメリット
新宿で多く取り入れられてきた薄毛治療は、以前まで飲み薬や育毛剤などが主流でした。
しかし、最近は新宿にあるクリニックでも「毛髪再生医療」といった最新の技術を用いた薄毛治療が注目されています。
毛髪再生医療の発毛の鍵は、成長因子にあります。
成長因子を含んだ薬液をメドジェットで頭皮に注入し、ヘアサイクルに変化をもたらすのです。
メドジェットは、眠っていた髪の毛の細胞を活性化させて、発毛のスイッチを再び呼び起こす効果が期待できます。
衰弱した毛包幹細胞は成長因子を注入することで、脂肪前駆細胞が活性します。
これによって成長因子が分泌され、発毛を促してくれるのです。
休止期で停滞していた髪が再び成長期へと移行し、薄毛を改善させます。

メドジェットで用いられる有効成分は?

メドジェットで用いられる有効成分は
新宿のクリニックではメドジェット療法で薄毛治療を行っているところは珍しくありません。
新宿で採用されているメドジェットに使用する薬液には様々な有効成分があります。

・PDGF(毛髪の成長期を維持する)
・BFGF(頭皮の血管新生)
・KGF(毛母細胞の増加を促進させる)
・TGFβ1(AAPEの不活性化によって発毛効果が高まる)
・HGF(毛包や毛髪の強化を促進させる)
・VEGF(頭皮に新しい血管が作られる)
・SOD(活性酸素を除去させる)
・コラーゲン(創傷治癒を促す)

針を使用しないメドジェットのメリット
針を使用しないメドジェットのメリット
メドジェットは発毛に効果的な成長因子を、医療器具を使って頭皮に注入する治療です。
メドジェットを使用することで成長因子を深く、頭皮全体に浸透させられます。
育毛剤では成分を浸透させることができず、薄毛治療の効果を得られなかったという方は、新宿でメドジェット治療を受けてみましょう。
メドジェットは針を使用せず炭酸ガスの圧力によって薬液を注入するので痛みもほとんどありません。
新宿にあるクリニックは発毛再生効果を高めるために、薄毛治療薬を併用する治療も採用しているところもあるので、ぜひ検討してみてください。

新宿は最新テクノロジーを駆使したメドジェットを導入し、発毛再生の先進医療を取り入れている注目のエリアです。
薄毛治療を取り巻く環境はここ数年で大きく変化し、メドジェットのような難易度の高い治療方法を生み出すことに成功しました。
新宿周辺で薄毛治療を検討されている方は、メドジェットによる毛髪再生医療を利用してみましょう。

パーマ剤で薄毛に近付く?!薄毛治療・メドジェットを行おう

おしゃれのためであったり、髪のボリュームがもっと欲しかったりといった理由からパーマをかける男性もいますが、このパーマ剤が頭皮や髪に大きなダメージを与える可能性があります。
このような頭皮や髪のダメージの蓄積によって、将来薄毛になってしまう可能性があることを知っていますか?
このダメージの蓄積は、日頃のストレスなども関係してきます。
もし既に薄毛に悩んでいる方がいたら、早めに薄毛治療・メドジェットを行いましょう。

パーマ剤と薄毛の関係とは?

パーマ剤と薄毛の関係とは
人間の頭皮は弱酸性に保たれています。
パーマ剤には2つの薬剤が使用されていて、髪の毛の中の成分であるケラチンの中にあるシスチンというアミノ酸を分解する薬剤と、その分解されたシスチンを結びつける働きをする薬剤が含まれています。
パーマ剤は化学反応によって髪の質を変化させるため、成分が強く配合されているだけでなく、頭皮からこれらの成分が浸透してしまうため、パーマ剤の影響は髪だけでなく、頭皮にも及んでしまいます。
また、弱酸性の頭皮に対して強力なアルカリ性が使用されているのも大きな影響となります。

パーマを一度でもしたら薄毛になる?

パーマを一度でもしたら薄毛になる
もし今までにパーマを1回でもしてしまったら薄毛になるのでしょうか?
確かにこのような成分によってダメージはあるでしょうが、1度くらいなら薄毛治療やメドジェットが必要なレベルには達することはありませんが、ヘアスタイルを維持するために何度もパーマをしていた場合は別です。
度重なるダメージによって、将来的に薄毛になるだけでなく、薄毛治療やメドジェットが必要になってしまうこともあるでしょう。
また肌が弱い人の場合は、数回のパーマによって頭皮が傷つき、抜け毛が増えたり、薄毛がだんだんと広がったりしてしまうこともあります。
パーマ後にはきちんと頭皮をいたわることで、将来薄毛になることを予防できます。

パーマのしすぎで薄毛になっていたら

パーマのしすぎで薄毛になっていたら
もし現在薄毛に悩んでいるなら、早めに薄毛治療・メドジェットで改善してみましょう。
薄毛治療の代表的なメドジェットは毛髪再生療法であり、薬剤を一瞬で細胞間に浸透させることができて、その効果の高さや痛みの少なさで効率の良い治療を行うことができます。
また薄毛治療では、その痛みが耐えきれないという方もいたのですが、メドジェットになると一瞬で浸透していくため、ほとんど痛みがないのも魅力です。
薄毛が気になる方や痛みに弱い方などは、薄毛治療・メドジェットで改善してみましょう。

薄毛治療・メドジェットと並行して行いたい、「水シャワー」の効果とは

生え際や頭頂部が薄くなったら薄毛治療・メドジェットが必要ですが、効果を高める方法を知りたい方は多いでしょう。
薄毛治療・メドジェットの効果を高める方法は色々ありますが、今回ご紹介するのは冷水を浴びる「水シャワー」です。
水シャワーを薄毛治療・メドジェットと並行して行うメリットとは何か、正しいやり方と共に効果についてご紹介しましょう。

水シャワーが薄毛治療・メドジェットに良い理由

水シャワーが薄毛治療・メドジェットに良い理由
シャンプーをした時、通常なら温かいお湯で洗い流すため、水を使う人はほとんどいないでしょう。
抜け毛は血行不良も関係しているので冷たい水を頭皮にかける行為は、むしろ症状を進行させ、薄毛治療・メドジェットにも悪影響があると不安になるかもしれません。
実はその逆で、水シャワーをすることで育毛に良い効果をもたらしてくれます。
体が温まると全身の血液は拡張して血行が良い状態となりますが、そこに冷水を浴びると血管が一気に収縮します。
そうなると血管は血行を良くするために働くので、結果的により血行が良くなるという仕組みです。
頭皮の血行が良くなれば髪を育てる栄養がしっかり行き届き育毛の促進効果に期待できるため、薄毛治療・メドジェットと並行して取り入れることをおすすめします。
また、温まると毛穴が開いて髪の毛が抜けやすくなりますが、水シャワーによって毛穴を引き締めることで抜け毛対策にもなるのです。

水シャワーの正しいやり方


水シャワーはやり方を間違えると薄毛治療・メドジェットを妨げ、また風邪を引いてしまうことがあります。
育毛効果を高めるために、正しいやり方を覚えて実践していきましょう。

・体を温める
水シャワーは一度頭皮や体を温めないと効果がないので、湯船につかってしっかり体を温めてください。

・頭皮を清潔にする
シャンプーやリンス・トリートメントをして、頭皮をきれいな状態にしてください。
温まると頭皮の毛穴が開き、詰まった汚れや皮脂を落としやすくなります。
また、洗い流す時は取り除いた汚れや皮脂が再び毛穴に詰まらないように、温かいお湯でしっかり洗い流しましょう。

・冷水を浴びる
頭皮を清潔にしたら髪と頭皮に冷水を浴びせます。
冷た過ぎるとショック症状を起こすリスクがあるので、心地よい温度に調節してください。
また、長く浴びると温まっている体が冷えてしまうので、頭皮がひんやりするぐらいを目安に短時間で留めておきましょう。

このように、水シャワーは頭皮の血行促進と毛穴を引き締める効果があるので、育毛や抜け毛対策、薄毛治療・メドジェットのサポートとしても良いとされています。
ただし、体調が優れない人や心臓が弱い人、高齢の方は体に負担をかける可能性があるので、いくら薄毛治療・メドジェットを行っている方であっても注意して実行してください。

薄毛治療中は食べ物にも注意!抜け毛予防に良い食べ物と悪い食べ物

薄毛が気になる人または薄毛治療を受けている人は食事にも気を使う必要があります。
食べ物によって抜け毛が増えたり、髪が弱くなってしまったりするからです。
どんな食品を食べるようにすると薄毛治療の効果を高めることができるのでしょうか?
ここでは薄毛に効果のある食べ物・悪影響を及ぼす食べ物についてご紹介していきます。

薄毛治療中に食べたい!抜け毛を防ぐ食べ物は?

薄毛治療中に食べたい!抜け毛を防ぐ食べ物は
大豆イソフラボンを多く含む豆腐や豆乳、納豆は薄毛予防に効果のある食べ物です。
薄毛につながる5αリダクターを抑制する作用があるので、薄毛治療中は特に積極的に取り入れることをおすすめします。
また、納豆には亜鉛も多く含まれているため5αリダクターをさらに抑制する効果があります。
亜鉛を多く含む食品は牡蠣やしじみ、ごま、チーズなどたくさんあるのでこれらの食品を食べるようにしましょう。
普段、コーヒーや紅茶などをよく飲む人は緑茶に切り替えると、カテキンによって脱毛を誘発するホルモンを抑制させることができます。
カテキンが含まれる緑茶と大豆製品を一緒にとることで、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンを抑制させることが期待できます。

髪を育成させる食べ物

髪を育成させる食べ物
髪の毛は主にたんぱく質という成分で成り立っています。
従ってたんぱく質を多く含む食べ物は、髪を健康に育てることに役立ち、薄毛治療中にもおすすめです。
魚や肉はたんぱく質を多く含みますが、動物性のたんぱく質より植物性のたんぱく質をとるようにした方が効果的と言えます。
大豆製品は大豆イソフラボン以外にたんぱく質を多く含む食品であることをご存知でしょうか?
抜け毛対策になる上、髪の育成にもつながる栄養バランスの良い食品なので、薄毛治療中には積極的に食べるようにしてください。
また、ミネラルを多く含むわかめや昆布などの海藻類もおすすめです。
ビタミンや食物繊維も含まれているので髪だけでなく、美容や健康にも影響のある食べ物と言えるでしょう。

薄毛治療中は避けたい、髪の毛に悪い食べ物

薄毛治療中は避けたい、髪の毛に悪い食べ物
髪に良い食べ物を積極的に取り入れることは大切ですが、髪に悪影響を与える食べ物を控えることも重要です。
髪に悪い食べ物の代表と言えばから揚げや天ぷらなどの揚げ物、ケーキやパンなど糖分が多く含まれる食品です。
油分や糖分は体の基礎代謝を下げるだけでなく毛穴が詰まる原因を引き起こしてしまいます。
髪に十分な栄養が行き届かなくなり、抜け毛や薄毛を誘発させてしまうでしょう。
この他、栄養バランスの悪いファーストフードやコンビニのお弁当、炭酸飲料、アルコールなども薄毛治療中は特に控えるようにしてください。

髪に良い食べ物を多く取り入れても、髪に悪い食べ物をたくさん食べ続けていればせっかく受けた薄毛治療も効果が出にくくなってしまいます。
髪に良いバランスの取れた食生活を心がけて薄毛治療の効果をアップさせていきましょう。

メール相談・カウンセリング予約

PAGETOP

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
もっと症例写真を見る
詳細はこちら
  • よくある質問
  • クリニックブログ
  • お悩み相談室

アクセスマップ

GoogleMapで地図を見る

東京都新宿区西新宿1-19-5
新宿幸容ビル6F
(1Fソフトバンク)
東京都新宿駅南口より徒歩2分

クリニック案内はこちら
0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

新宿中央クリニック
オフィシャルツィッター


新宿中央クリニック
Youtube動画

新宿中央クリニック公式facebookページ