新宿中央クリニックの薄毛治療・aga専門サイトのクリニックブログです。

0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

メール相談・カウンセリング予約

  1. HOME > 
  2. クリニックブログ

クリニックブログ

パーマ剤で薄毛に近付く?!薄毛治療・メドジェットを行おう

おしゃれのためであったり、髪のボリュームがもっと欲しかったりといった理由からパーマをかける男性もいますが、このパーマ剤が頭皮や髪に大きなダメージを与える可能性があります。
このような頭皮や髪のダメージの蓄積によって、将来薄毛になってしまう可能性があることを知っていますか?
このダメージの蓄積は、日頃のストレスなども関係してきます。
もし既に薄毛に悩んでいる方がいたら、早めに薄毛治療・メドジェットを行いましょう。

パーマ剤と薄毛の関係とは?

パーマ剤と薄毛の関係とは
人間の頭皮は弱酸性に保たれています。
パーマ剤には2つの薬剤が使用されていて、髪の毛の中の成分であるケラチンの中にあるシスチンというアミノ酸を分解する薬剤と、その分解されたシスチンを結びつける働きをする薬剤が含まれています。
パーマ剤は化学反応によって髪の質を変化させるため、成分が強く配合されているだけでなく、頭皮からこれらの成分が浸透してしまうため、パーマ剤の影響は髪だけでなく、頭皮にも及んでしまいます。
また、弱酸性の頭皮に対して強力なアルカリ性が使用されているのも大きな影響となります。

パーマを一度でもしたら薄毛になる?

パーマを一度でもしたら薄毛になる
もし今までにパーマを1回でもしてしまったら薄毛になるのでしょうか?
確かにこのような成分によってダメージはあるでしょうが、1度くらいなら薄毛治療やメドジェットが必要なレベルには達することはありませんが、ヘアスタイルを維持するために何度もパーマをしていた場合は別です。
度重なるダメージによって、将来的に薄毛になるだけでなく、薄毛治療やメドジェットが必要になってしまうこともあるでしょう。
また肌が弱い人の場合は、数回のパーマによって頭皮が傷つき、抜け毛が増えたり、薄毛がだんだんと広がったりしてしまうこともあります。
パーマ後にはきちんと頭皮をいたわることで、将来薄毛になることを予防できます。

パーマのしすぎで薄毛になっていたら

パーマのしすぎで薄毛になっていたら
もし現在薄毛に悩んでいるなら、早めに薄毛治療・メドジェットで改善してみましょう。
薄毛治療の代表的なメドジェットは毛髪再生療法であり、薬剤を一瞬で細胞間に浸透させることができて、その効果の高さや痛みの少なさで効率の良い治療を行うことができます。
また薄毛治療では、その痛みが耐えきれないという方もいたのですが、メドジェットになると一瞬で浸透していくため、ほとんど痛みがないのも魅力です。
薄毛が気になる方や痛みに弱い方などは、薄毛治療・メドジェットで改善してみましょう。

AGA治療薬に副作用のリスク!薄毛治療・メドジェットにも副作用はあるのか?

メディアや雑誌などで紹介されることも多く、認知度の高いAGA治療薬ですが、中には副作用を懸念している声もあります。
では、具体的にどのような副作用があるのでしょうか?
また、薄毛治療・メドジェットにも同様に副作用は存在するのでしょうか?

AGA治療薬の副作用とは?

AGA治療薬の副作用とは
AGA治療薬として有名なのは、ミノキシジル・プロペシアです。
それぞれ髪に与える効果は異なりますが、副作用のリスクもあると言われています。

【ミノキシジル】
元々高血圧の治療薬として使われていましたが、血管拡張と血行促進の効果が期待されていることから、育毛剤成分としても使用されるようになりました。
ミノキシジルには毛母細胞と毛乳頭細胞の働きを活発化させ、発毛を促す効果があります。
しかし、ミノキシジルの含有量が高いほど副作用が起こりやすく、かゆみやかぶれ、皮膚炎を起こす可能性があります。
また、低血圧の方は血圧が低くなり過ぎてしまうこともあるでしょう。
頭皮が敏感な方や、高血圧の治療薬を服用している方は、使用しないよう注意しなければなりません。

【プロペシア】
髪の成長バランスを整える効果のあるプロペシアは、AGA治療薬の臨床実験で7割の方に改善傾向が見られた薬です。
しかし、性欲減退や勃起機能低下などの副作用があると言われています。
女性や前立腺の病気を持っている方、子どもを作ろうと考えている時期は影響が出てしまうでしょう。

薄毛治療・メドジェットの副作用は?

薄毛治療メドジェットの副作用は
薄毛治療・メドジェットの副作用の例は非常に少ないと言われています。
しかし、稀に頭皮に赤みが出たり、痛みを感じたりするケースがあります。
ただ、薄毛治療・メドジェットは0.03mmという蚊に刺される以上の細さの針を一瞬のうちに利用するため、ほとんど痛みを感じません。
麻酔をする必要もないため、麻酔による副作用が心配な方でも安心して治療を受けることができるでしょう。
AGA治療薬の副作用が心配という方は、薄毛治療・メドジェットを選ばれることをおすすめします。

AGA治療薬は、薄毛治療に効果があるとして注目されていますが、副作用のリスクについても理解しておく必要があります。
その一方で、薄毛治療・メドジェットは副作用のリスクも低く、安心して治療することができるでしょう。
しかし、上記で紹介したAGA治療薬や薄毛治療・メドジェットは、髪に刺激を与えることには変わりはありません。
それ相応の副作用を持っているということを理解し、不安な場合は専門家に相談してから行うようにしましょう。
薄毛治療・メドジェットを含め、AGA治療の中でもどのような方法が自分に合っているのか検討することも大切です。

AGAで内服薬を考えている方に

AGA治療の1つ、内服薬

AGA治療の1つ、内服薬
薄毛対策をするために、市販の育毛シャンプーや育毛剤を使うことは一番手軽にできる対策なので使っている方も多いと思います。
市販のシャンプーや育毛剤であれば、近くのドラッグストアに売られておりますが、ご自身で成分や効能を確認した上で、購入することをおすすめいたします。
しかし、さらにもっと満足のいく薄毛対策を!と思われている方やAGA治療を考えている方は内服薬を検討されているかもしれません。
AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)。
このジヒドロテストステロン(DHT)を抑えることのできる内服薬には「フィナステリド」と「デュタステリド」の2種類に分かれます。
どのような違いがあり、どう使い分ければ良いのでしょうか?

フィナステリドとデュタステリドって?

フィナステリドとデュタステリドって
AGA治療の内服薬の1つ目、フィナステリド。
こちらは「プロペシア」という商品名で販売されていますが、「フィナステリド」を主な成分とするジェネリック医薬品も販売されています。
もう1つ目の内服薬、デュタステリドは、日本で2015年に承認されたばかりであり「ザガーロ」という名前で販売されています。
2つの違いを知るには、まず髪の成長を阻害するジヒドロテストステロン(DHT)は、男性ホルモン(テストステロン)と5αリダクターゼと呼ばれる酵素が結合し生成されます。
その5αリダクターゼは2種類あり、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼとに分かれることはご存知でしょうか?
デュタステリドはこの1型、2型共に活性を抑制してくれるのです。
そして、フィナステリドは2型の活性を抑制してくれるものです。
薄毛の進行を遅らせてくれるという意味では同じですが、自分がどんな薄毛の症状なのか、そして費用や副作用などにも違いがあるので、より詳しく知りたい方は薄毛治療を行うクリニックへご相談ください。

薄毛のお悩みは新宿中央クニックへ!
新宿中央クリニックでは、薄毛でお悩みの方にお気軽にご相談いただくため無料で初回診察を行っております。
毛髪再生医療「HARG療法」の認定施設はまだまだ少数です。
毛髪診断士の発毛環境診断で、ご自分の頭皮環境を確認してみませんか?
HARG療法の注入法「JETPLUS」は液漏れがなく正確に注入することができます。出血も少なく腫れにくい方法です。
他にも忙しい患者様にはお薬の処方による治療もあり、お客様に合わせたクリニックならではの薄毛治療をご提案します。

AGA治療にかかる費用はどのくらい?費用満足度の高い治療法とは

薄毛や抜け毛に悩んでいる方の中にはAGA治療を検討している方もいるのではないでしょうか?
しかし、AGA治療は施術費用が高いため金銭的な問題から諦めてしまう方も多いです。
では、AGA治療にはどのくらいの費用が必要なのでしょうか?
ここでは治療別に費用の相場を見ていきましょう。

AGA治療の費用相場

AGA治療の費用相場
GA治療には「投薬治療」「自毛植毛治療」「注入治療」の2つの治療方法があることはご存知でしょうか。
AGA治療を採用しているクリニックでは投薬治療をすすめるところがほとんどですが、中には薄毛治療・メドジェットを用いて注入治療を行っているところもあるでしょう。

【投薬治療】1ヵ月分

費用の相場:15,000~17,000円
診察料:3,000~5,000円
総額:18,000~22,000円

クリニックによっては診察料を無料にしているところもありますが、このような費用相場が一般的です。
また、治療薬の種類によって費用が異なります。

【注入治療】1回分

費用の相場:50,000~120,000円

クリニックによっては50,000円以下で施術してもらえるところもありますが、40,000円を下回るところは少ないようです。
薄毛治療・メドジェットのような注入治療の場合は、投薬治療を補助療法として用いられることもあります。
この場合は上記の費用に加えて投薬治療の費用が発生することになります。

AGA治療なら薄毛治療・メドジェットがおすすめ

AGA治療なら薄毛治療・メドジェットがおすすめ
AGA治療で代表的な投薬治療は、薄毛治療・メドジェットの注入治療に比べると費用は高額です。
しかし、投薬治療の場合は薬を1ヵ月服用しただけではすぐに治療の効果を発揮しません。
人によっては投薬との相性が悪く、長期的に継続しなければならない方もいるようです。
そうなれば当然投薬費用も払い続けなければいけなくなり、結果注入治療よりも高額になってしまう可能性もあります。
一方、注入治療の最先端療法とも言える薄毛治療・メドジェットの場合は、数回で施術効果が見られるので短期間で治療を完結させることができます。
針を使わずに注入するため痛みもありませんし、何より薄毛の原因である毛根に直接アプローチすることができる治療方法です。
1回分の費用はどのクリニックを利用しても高額であることは確かですが、確実に薄毛の悩みを解消させるには効果のあるAGA治療と言えるのではないでしょうか。

薄毛治療・メドジェットはAGA治療の中で今最も注目されている治療方法です。
針を使わない最新技術として世界が認めている医療でもあることから、今後ますます薄毛治療・メドジェットの需要が高まることでしょう。

AGAの進行の速度を知るには

抜け毛が目立ってきたら、AGA?

抜け毛が目立ってきたら、AGA
いつも以上に抜け毛が目立ってくると、なぜこうなっているのだろうと思いまず考えることは、ストレスによって抜けているのか?食生活によってなのか?
季節的なものなのか?またはAGAによるものなのか…!?この辺りは考えるところですよね。
この中で抜け毛が短期間で治まりやすいのは季節の変わり目による抜け毛ではないでしょうか。
季節の変わり目に一時的な抜け毛というのは、起こりやすいものです。
それ以外のストレス、食生活は自身で改善しようと思えばできるものの、すぐに抜け毛が治まるかというと…難しいかもしれません。

AGAの進行速度はさまざま

AGAの進行速度はさまざま
そして、抜け毛の原因がAGAだった場合、自身で改善することはストレスや食生活改善以上に難しいです。
抜け毛が目立ってきているみなさま、自分はAGAかもしれない…と不安になっている方もいるのではないでしょうか。
AGAかどうかを自分で知るための1つに、抜け毛の進行速度に特徴があるのか気になるところです。
AGAはヘアサイクルが急変し、急激に髪も抜けると思いますか?
1年ちょっとで髪が抜け落ちてしまう人も中にはいますが、本人もAGAだと気づきにくいほどゆっくり進行することもあるのです。しかしAGAは着実に進行していきます。
そのため、自分でAGAかどうかを知るには、やはり専門のクリニックに行きAGAかを見てもらうことが早く知れる方法ではないでしょうか。

薄毛のお悩みは新宿中央クニックへ!
新宿中央クリニックでは、薄毛でお悩みの方にお気軽にご相談いただくため無料で初回診察を行っております。
毛髪再生医療「HARG療法」の認定施設はまだまだ少数です。
毛髪診断士の発毛環境診断で、ご自分の頭皮環境を確認してみませんか?
HARG療法の注入法「メドジェット」は痛み軽減に配慮した治療、また忙しい患者様にはお薬の処方による治療、とお客様に合わせたクリニックならではの薄毛治療をご提案します。

メール相談・カウンセリング予約

PAGETOP

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
もっと症例写真を見る
詳細はこちら
  • よくある質問
  • クリニックブログ
  • お悩み相談室

アクセスマップ

GoogleMapで地図を見る

東京都新宿区西新宿1-19-5
新宿幸容ビル6F
(1Fソフトバンク)
東京都新宿駅南口より徒歩2分

クリニック案内はこちら
0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

新宿中央クリニック
オフィシャルツィッター


新宿中央クリニック
Youtube動画

新宿中央クリニック公式facebookページ