新宿中央クリニックの薄毛治療・aga専門サイトのクリニックブログです。

0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

メール相談・カウンセリング予約

  1. HOME > 
  2. クリニックブログ

クリニックブログ

薄毛治療で使うジェネリック医薬品は本当に安全?

クリニックでの薄毛治療ではプロペシアという薬が処方されることがありますが、こういった薬は保険適用外なので価格が高いことがデメリットになります。
ですから、比較的安価でインターネットからも手軽に購入できる、有効成分のフィナステリドやミノキシジルを含んだジェネリック医薬品を使用したいと考える方も少なくないでしょう。
同じ医薬品なので安全なイメージがありますが、メリットとデメリットの両方があるのでご紹介していきます。

薄毛治療で使用するジェネリック医薬品のメリットとは?

薄毛治療で使用するジェネリック医薬品のメリットとは
そもそもジェネリック医薬品とは有効性成分や製剤に関わる特許が満了した後に販売される後発の薬を指します。
先発の薬と同様の効果がありながら開発費用を安く抑えられるため、薄毛治療をする人は安く購入することが可能です。
プロペシアの成分であるファナステリドが含むジェネリック医薬品には、海外で製造されている「フィンペシア」や「エフペシア」、「フィナロ」などがあります。
これらの薬はインターネットの通販などで購入でき、プロペシアよりも安いところが魅力です。
また、ミノキシジルの場合は錠剤タイプの流通が中心で、価格だけではなく成分配合率の良さから人気があります。
ジェネリック薬品を使用するメリットは1錠あたりのコスパの良さや成分含有量の高さにあると言えるでしょう。

薄毛治療で使用するジェネリック医薬品に潜むデメリット

薄毛治療で使用するジェネリック医薬品に潜むデメリット
デメリットは日本の厚生労働省の認可を受けていないので、薄毛治療で多大なリスクを背負う可能性があることです。
また、先発の薬と同様の成分でも効果がほとんどない、もしくは効果がありすぎるという点が弊害になってしまうでしょう。
多くのジェネリック医薬品は有効性の試験を重視しており、費用がかかりやすいことから安全性の試験は軽視する傾向があります。
製品の安全性にまつわる情報が少ないので、思わぬ副作用が発症するリスクがあることを理解しなければなりません。
元々薄毛治療で使われるファナステリドは前立腺肥大の治療、ミノキシジルは高血圧の治療を目的に開発されたものなので、2つの成分の取り扱いに注意が求められます。
中には発がん性のあるキノリンなど有害物質を含まれる薬もあるので、知識なしで使用すると危険です。

クリニックを介さず薄毛治療の有効成分が含む薬をお得に購入できる点がジェネリック医薬品のメリットですが、価格と引き換えに安全性にはやや不安があります。
安全面を考慮すると、個人的にインターネットで入手した薬の使用は控え、クリニックで安全に薄毛治療を行った方が良いでしょう。

薄毛治療にはどんな種類があるの?

薄毛治療と一口に言っても、実は様々な種類があることをご存知でしょうか?
薄毛治療の種類を把握しておくと、どの薄毛治療が自分に合っているのかも見えてくるかもしれません。
今回は、薄毛治療の種類についてご紹介していきましょう。

投薬による薄毛治療

投薬による薄毛治療
投薬による薄毛治療は最も一般的な方法と言われています。
薬を飲むことによって抜け毛を防いだり、育毛を促進させたりする効果が期待できます。
プロペシアやミノキシジル、フィナステリドなど、処方される医薬品は症状や身体状況に応じて医師が判断します。
また、場合によっては医師が上記の医薬品にプラスして、処方した薬の効果を高めるために様々な栄養成分を配合したオリジナルの処方薬が加えられる場合もあります。
この時、きちんと医師にどのようなものなのか確認を取っておくと良いでしょう。

頭皮に直接注入する薄毛治療

頭皮に直接注入する薄毛治療
頭皮に直接注入する薄毛治療は、薬液を頭皮に直接注入することによって高い効果が期待できるという方法です。
この時注入するのは投薬で使われるような成分ではなく、成長因子や栄養成分などが見られます。
中でも成長因子は、毛根や頭皮細胞の機能を回復させる効果も期待できると言われており、毛根が弱ってきていて、髪の毛に元気がないと感じる方にはおすすめの方法と言えるでしょう。
注入する方法には、育毛メソセラピーという方法と、HARG療法と呼ばれる方法の2種類があります。
2つの違いは薬液中に含まれている成長因子の数で、HARG療法に使われる薬液の方が成長因子の数は多くなっています。
その分、費用は高くなるので注意が必要です。

自毛植毛による薄毛治療

自毛植毛による薄毛治療
毛根が既に死滅している場合は、自毛植毛による薄毛治療を選択できます。
自身の毛を薄い部分に移植するため、頭皮にかかる負担も少ないですし、施術は1回で済むため通院回数も減らすことができます。
ただし、移植するための毛がないと難しかったり、費用もかなり高くなったりしてしまうので自毛植毛が本当に自身にとって効果的なのか慎重に検討するようにしましょう。

薄毛治療にはこのように様々な方法が見られます。
どの方法を選んだ方が悩んでしまう方も多いかもしれません。
悩んでしまうという方は、自分に合った薄毛治療を見つけるためにもクリニックに相談してみてはいかがでしょうか?
クリニックの中には幅広く薄毛治療の悩みに応えてくれるところもあるので、ぜひ悩んでいる方は相談してみてください。

薄毛に関する雑記


うちの嫁にも困ったモノです。
娘と一緒に自分の髪の毛の薄さをイジってくるのです。

笑ってすその場はすませますが、心のダメージは蓄積していきます。

20代の頃には薄毛になると言う事を想像していませんでした。
それどころか、髪の毛を伸ばしたり、色々な髪形をしていたものです。

ところが、30代になるとドンドンと髪の毛は後退していき、気が付くと額の面積が増えて行くでは無いですか。
気にすればするほど髪の毛は無くなる気がしていました。
40代を過ぎたあたりから髪の毛は大分無くなっていたので、スキンヘッドにしましたが、それでも髪の毛が恋しくなるのです。

そう悩むのは知人の男性です。

私が小さい頃は薄毛対策と言えば「カツラ」でした。

しかし今は色々な対策方法があります。

増毛、植毛、飲み薬、色々あります。

私達は他にも、成長因子を頭皮に入れ自然に増毛を促す方法もあります。

どの方法をとるかはその人次第ですが、クリニックでは最適な対策を一緒に見つけて行きます。

一人で悩んでしまうと、間違った道にも進んでしまいがちです。
そうなってしまう前に、専門のクリニックで対策をとる方が良いでしょう。

最初は不安もあると思いますが、まずクリニックへ足を運ぶ所から始めてください。
その気持ちは決して無駄にはなりません。

AGA・薄毛の治療・HARG療法のご相談は新宿中央クリニックにお気軽にお問い合わせ下さい。
0120-669-970

つむじ周りの薄毛はどうする?

 

つむじ周りの髪の変化に気づく?


「つむじ周りは髪が薄くなりやすいところ」なのは、何となくでも知っている人は多いのではないでしょうか。
そのため、薄毛や髪の毛のことを気にしている人にとってつむじ周りは、特に気にしているという声も挙がってきそうです。
つむじ周りの毛が薄くなるとはいっても、毎日自分のつむじを見たからといって髪が減っていることに気づけないこともあります。
もしくはかなり薄毛が進行してから気づくこともあります。
それは、注意深さが足りないというよりも徐々に減っていく髪に自分では気づきにくいこともあるからです。
 

つむじ周りの薄毛を早めに気づく

つむじ周りの薄毛を早めに気づくの紹介をしています
自分ではつむじ周りの薄毛に気づかないかもしれない、と今の時点で思う人は家族や信頼のおける友人に自分の髪のことを聞いてみることです。
客観的な目で見てもらい判断してもらうのも1つです。
血行不良により、つむじ周りの薄毛が加速することがあります。
今からできることとして、ストレスをためない、喫煙をしない、食生活の乱れや睡眠不足を防ぐことでつむじ周りの血行不良を防ぐことにもつながります。
自分でできることから始めてみましょう。
つむじ周りが薄くなっている人は、AGAの可能性もあります。AGAかどうかが気になっている人はクリニックで診断をしてもらい、AGA治療によってつむじ周りの髪を改善されることをおすすめいたします。
 
薄毛のお悩みは新宿中央クニックへ!
新宿中央クリニックでは、薄毛でお悩みの方にお気軽にご相談いただくため無料で初回診察を行っております。
毛髪再生医療「HARG療法」の認定施設はまだまだ少数です。毛髪診断士の発毛環境診断で、ご自分の頭皮環境を確認してみませんか?
HARG療法の注入法「メドジェット」は痛み軽減に配慮した治療、また忙しい患者様にはお薬の処方による治療、とお客様に合わせたクリニックならではの薄毛治療をご提案します。

薄毛は遺伝する?

薄毛は遺伝するの記事です
これは医学的にも遺伝子学的にも間違いがありません。
 
ただし、遺伝をしても確実に発症するかはまた別の問題です。
 
他の人より薄毛になりやすいので、親族に若い頃から薄毛になっている人がいる場合は、意識をするようにしてください。
 
この様に、人を悩ませる薄毛ですが、今は非常に効果的な薄毛治療があります
 
自分の因子を使い、身体に害の無い治療。
そして、効果が非常に高い治療があります。
 
「HARG療法」と言う言葉を耳にした事はありませんか?
 
この治療が様々なメディアで取り上げられるのは「効果が高い」と言うだけではありません。
 
アレルギー体質で今まで薄毛対策を取れなかった人も安心をして治療を受ける事が出来ます。
それは「自分の成長因子」を使う事で、マイナス効果を防ぐ事が出来るからです。
 
今まで以上に安心が出来る治療は有りません。
もちろん一番重要な「治療への期待」も高い事も要因です。
 
HARG慮法は自分の成長因子を、頭部に注入する事で、自然に発毛や育毛を促します。
 
毛根が無くなってしまったと心配している人も、この治療を受けてみてください。
その毛根はかつての活気を取り戻します。
現代、薄毛は対処出来ない症状ではありません。
 
決して諦めず治療へ前向きに挑んでみてください。
 
AGA・薄毛の治療・HARG療法のご相談は新宿中央クリニックにお気軽にお問い合わせ下さい。
0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

PAGETOP

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
もっと症例写真を見る
詳細はこちら
  • よくある質問
  • クリニックブログ
  • お悩み相談室

アクセスマップ

GoogleMapで地図を見る

東京都新宿区西新宿1-19-5
新宿幸容ビル6F
(1Fソフトバンク)
東京都新宿駅南口より徒歩2分

クリニック案内はこちら
0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

新宿中央クリニック
オフィシャルツィッター


新宿中央クリニック
Youtube動画

新宿中央クリニック公式facebookページ