新宿中央クリニックの薄毛治療・aga専門サイトのクリニックブログです。

0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

メール相談・カウンセリング予約

  1. HOME > 
  2. クリニックブログ

クリニックブログ

薄毛治療の薬には偽物がある!?新宿のクリニックで適切な処方をしてもらうことが大切!

薄毛治療に効果的だと言われている薬の中には、偽物が流通している場合もあります。
知名度が高い薄毛治療にも偽物は存在しています。
今回は、偽物の薬を手にしないためにはどうしたらいいのか、新宿のクリニックへ通うべきなのかといったポイント、そしてメドジェットの効果についてもご紹介していきましょう。

偽物の薄毛治療薬を見分けることはできない

偽物の薄毛治療薬を見分けることはできない
近年、様々な薬の偽物が出回っていて、それらはとても精巧に作られているので見分けられないと注意喚起がなされています。
購入した薬を専門機関の成分鑑定に出すこともできますが、費用や手間がかかってしまうので現実的に考えると不可能です。
そのため、偽物を見分けるのではなく、偽物を買ってしまうリスクを減らすことを考えた方が賢明でしょう。
もしも偽物の薄毛治療薬を服用してしまった場合、効果を感じられない、健康被害のリスクがある、健康被害の治療が難しい可能性がある、健康被害を受けても救済措置を受けられないといったリスクが考えられます。
このようなリスクを回避するためには、やはり偽物を買ってしまうリスクを減らすことが大切になるのです。

新宿のクリニックの処方薬やメドジェットでリスク回避を

新宿のクリニックの処方薬やメドジェットでリスク回避を
薄毛改善の効果を期待して服用した薬で、健康被害を受けてしまうと、医療機関での治療にも時間がかかってしまう可能性があります。
医薬品による健康被害の救済制度は、国内正規品のみが対象です。
そのため、新宿のクリニックできちんとした薄毛治療をしてもらい、薬を処方してもらうことが最も確実な方法になるでしょう。
内服薬以外では、メドジェットによる治療も効果的です。
メドジェットによる治療は、新宿のクリニックでも受けられます。
メドジェットは、痛みをほとんど感じない治療法なので、頭皮に負担を与えにくくなっています。
効果も実感しやすいので、おすすめの治療法です。

薄毛治療ができるクリニックは、新宿に多数あります。
その中でも、薄毛治療に効果的だと言われているメドジェットを導入しているクリニックは特におすすめです。
加齢と共に悩みの種になる薄毛を適切に治療できる新宿のクリニックは、自分に合うところを探してみると良いでしょう。
今まで、様々な方法を試したけどなかなか効果を実感できなかったという方も、新宿エリアにあるクリニックを探し、薄毛について相談してみましょう。
今までとは違う方法でアプローチすることで、効果も実感できるようになるでしょう。

毎日同じヘアスタイルは危険!?新宿で薄毛治療をしよう

「最近髪の分け目部分が気になる」という人は、毎日同じヘアスタイルになっていませんか?
ヘアスタイルを変えずにいると、薄毛を引き起こしてしまう可能性が大きくなります。
新宿で薄毛治療をしている人の中には、知らない間に頭皮に負担をかけてしまい治療を受けに来ている方もいます。
本格的な薄毛治療を始める前に、自身のヘアスタイルを一度見直してみましょう。

ヘアスタイルが薄毛を招く理由とは?

ヘアスタイルが薄毛を招く理由とは
毎日同じヘアスタイルじゃないと落ち着かないという人は意外と多く、自然に髪の毛にもクセがついている方も多いのではないでしょうか。
しかし、ヘアスタイルを変えずにいると薄毛の原因を作ってしまいます。
その理由は、毎日同じ分け目に対して髪の重力が加わり、頭皮に負担がかかってしまうからです。
屋外で陽光を浴び紫外線によるダメージを受けることにもなります。
汗をかいたり外気にさらされ汚れが付着したりすると、分け目部分に皮脂が詰まりやすくなってしまうでしょう。
このようなことから頭皮に負担がかかり「牽引性脱毛症」を引き起こしてしまう可能性があります。
「最近おでこが後退してきている」「分け目の地肌が目立ってきた」という方は要注意です。

ヘアスタイルによる抜け毛はどうやって解消する?

ヘアスタイルによる抜け毛はどうやって解消する
毎日のヘアスタイルによる抜け毛は、同じ頭皮の部位に負担がかかっていると説明しました。
分け目部分の薄毛が気になる人は、少しずつ分け目を変えてみましょう。
左右反対に分け目を作ってみたり、分け目を作らずオールバックにしてみたり、ヘアスタイルを変化させれば薄毛予防になります。
毎日髪の毛を束ねているという人も同じように同じ方向に負担がかからないよう束ねない日を作るなど心掛けてください。

頭皮をいたわる習慣と薄毛治療の効果

頭皮をいたわる習慣と薄毛治療の効果
毎日の抜け毛を予防するには、できるだけ頭皮に紫外線を当てないようにすることが大切です。
分け目に注意することも重要ですが、帽子などを活用し紫外線対策するようにしましょう。
頭皮の色が変わってきたり、負担を感じる時は指で軽くマッサージしてみてください。
血行が促進され頭皮や髪に栄養が届きやすくなります。

髪の健康を守る努力を努力をしても、頭皮は長年蓄積されたダメージによって薄毛の進行が抑えられない時もあります。
その際は、ヘアケア習慣だけでなく信頼できる専門クリニックに頼ることも大切です。
新宿には薄毛治療を専門とするクリニックが多数あり、医師・カウンセラー・看護師の3体制で薄毛治療を行っています。
薄毛治療だけでなく髪の毛に関する些細なことでも解決に導いてくれるので、まずは新宿エリアで信頼できるクリニックを探してみましょう。

新宿で話題の最新薄毛治療!メドジェットの効果とは

薄毛治療の内服薬や外用薬は、以前から新宿の薄毛治療専門のクリニックで使用されていました。
それぞれ薄毛治療に効果のある適切な薬ですが、最近はメドジェットという針を使わずに注入する毛髪再生医療が注目されています。
新宿にあるほとんどのクリニックで採用されている薄毛治療ですが、メドジェットにはどのような効果が期待できるのでしょうか?
新宿で注目されている薄毛治療「メドジェット」について解説します。

発育・発毛効果があるメドジェットの特徴

発育発毛効果があるメドジェットの特徴
メドジェットとは針を使わずに頭皮から直接製剤を注入する薄毛治療のことです。
新宿のクリニックでは、超極細の注射針を使用して薬剤を注入していましたが、ここ最近は注射針のないメドジェットを使用するようになってきました。
炭酸ガスの圧力を利用して薬剤を注入するので、痛みもなく麻酔をする必要がありません。

メドジェット治療による効果

メドジェット治療による効果
メドジェットという最新医療では、薬剤を目的の深さまで均一に注入することができるようになりました。
メドジェットには薄毛治療に有効な成分が使われていますが、ミノキシジルやフィナステリドなど発毛・育毛の一般的な成分以外にプラセンタを採用しているところもあるようです。

プラセンタを薬剤にするメドジェット

プラセンタを薬剤にするメドジェット
プラセンタは胎盤のことをいいますが、主にコラーゲン生成のサポートに効果があると言われています。
一般的には花粉症や美肌、アンチエイジングへのアプローチ方法として内服薬や注射による施術がほとんどですが、メドジェットの場合は頭皮に直接注入することで効果が得られます。

プラセンタの有効成分

プラセンタには成長因子という発毛を左右する重要な成分が含まれているため、メドジェットすることにより細胞分裂を活発にする働きを持っています。
この成長因子が毛母細胞を増殖させ細胞の数を増やし、毛髪を生成するスピードを助長させることが可能です。

ホルモンバランスを調整してくれる

プラセンタにはホルモンバランスを整えてくれる作用があるため、薄毛治療の栄養素として取り入れられることが多いです。
薄毛や抜け毛の原因と言われている男性ホルモンの分泌を抑制する効果も期待できます。

男女問わず効果が得られる

プラセンタは男性だけでなく女性のホルモンバランスの維持にも影響すると言われていることから、新宿では男女問わず薄毛治療を受けている方が多いです。
薄毛治療の有効成分であるプラセンタは、メドジェットの薬剤に使用されている栄養素です。
薄毛の原因とも言われるストレスを軽減させる作用もあるので、薄毛治療をしていく上で欠かせない成分になるでしょう。

メドジェットによる治療を検討されている方は、プラセンタを使用した施術方法に注目してみてください。
新宿のクリニックでは内服・外用・メドジェットを併用させた薄毛治療を行っているところもあります。
これまでの薄毛治療に効果が出なかった方は、新宿エリアに所在するクリニックに一度相談してみましょう。

頭皮が痛いは抜け毛のサイン?新宿で薄毛治療するならメドジェット

「最近頭皮が痛い」「頭皮が赤くヒリヒリする」という方は要注意です。
頭皮の痛みはもしかしたら抜け毛や薄毛の前兆かもしれません。
新宿は交通量が非常に多く排気ガスによる大気汚染をはじめ、乾燥や紫外線など頭皮に影響を与える条件が気になります。
新宿の薄毛治療専門のクリニックでは、頭皮の状態をチェックする時やメドジェットによる施術を行う際、痛みや違和感がないか確認を行います。
今回は、頭皮に痛みがある原因とはどのようなことが考えられるのか、代表的な症状について紹介していきましょう。

紫外線による日焼け

紫外線による日焼け
紫外線を長時間浴びると頭皮が日焼けし、火傷のように熱を持ち痛みが出ます。
肌と同じように赤くなりヒリヒリすることもあるでしょう。
毛根にもダメージを与え薄毛を引き起こす原因になります。

カラーリングによるアレルギー反応

カラーリングによるアレルギー反応
ヘアカラー剤やパーマ液はアレルゲンという成分が含まれており、人によってアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。
痛みだけでなく痒みや湿疹などの症状が顔全体に出ることもあるでしょう。

頭皮の毛穴にできたニキビ

頭皮の毛穴にできたニキビ
毛穴にできたニキビや吹き出物は悪化すると湿疹ができ、痛みを生じることがあります。
髪の発育を邪魔して抜き毛の原因を作ってしまう可能性があるので、頭皮環境を整えるようにしてください。

頭皮の乾燥

頭皮の乾燥
刺激の強いシャンプーや肌に合わないシャンプーは頭皮を乾燥させ痛みを伴うことがあります。
頭皮が乾燥すると髪が抜けやすくなり栄養が届きにくくなります。

怪我などによる傷

怪我などによる傷
どこかに頭をぶつけ傷ができると、部分的に髪を作る機能がなくなり髪の毛が生えてこなくなることがあります。
薄毛治療をしている方の中にはこのような外的刺激によって局所的に治療を受けている人もいます。

痛みや抜け毛はメドジェットで改善しよう

痛みや抜け毛はメドジェットで改善しよう
メドジェットは髪の育成成分を注入し、頭皮に直接アプローチする脱毛・薄毛治療です。
メドジェットに使用する成分はミノキシジルやプラセンタ、フィナステリド、アミノ酸など多様にありますが、新宿のクリニックでは最新の成長因子「グロースファクター」を使用しているところもあります。
薄毛治療で早く効果を出したい、これまでの薄毛治療で効果が出なかった方にメドジェットはおすすめです。
新宿周辺にお住まいの方は、メドジェットを採用している薄毛治療専門のクリニックを探してみましょう。

頭皮の痛みには様々な原因が考えられますが症状が改善されない場合は、新宿周辺にある薄毛治療専門のクリニックで診察・検査をしてもらいましょう。
発毛を目的とした施術を行う場合は、メドジェットなど局所的に薬剤を注入する治療方法が効果的です。
新宿のクリニックによってはメドジェットによる薄毛治の実績が豊富なところもあるので、新宿エリア指定で探してみてください。

ドライヤーは薄毛治療で大事!薄毛予防にもなる正しい髪の乾かし方

薄毛治療をされる人の中には、髪を乾かさなかったり、ドライヤーの使い方が間違っていたりすることは薄毛につながっていることがあります。
実はドライヤーを使って髪を乾かすことは、薄毛治療での改善や予防に大きく関わってくることをご存知でしょうか?
悪化させずスムーズに薄毛治療を進め、同時に予防するために正しいドライヤーの使い方と乾かし方を学びましょう。

ドライヤーで乾かすことが必要な理由とは?

ドライヤーで乾かすことが必要な理由とは
頭皮が濡れている状態だと蒸れてしまい、雑菌が繁殖しやすい環境になります。
雑菌は頭皮の炎症や嫌なにおいを発生させ、ますます頭皮環境が悪くなるので薄毛の原因と関わってくるのです。
また、濡れた髪は表面を保護するキューティクルが破壊されやすく、髪は水分を保てずパサつき、それも抜け毛の原因になってしまいます。
このことから、濡れた髪や頭皮はドライヤーを使って乾かした方が良いのです。
薄毛治療では頭皮環境を整えることが大切なので、悪化を防ぎ改善を促進させるためにもしっかり乾かしましょう。

薄毛治療でも大切な正しい髪の乾かし方

薄毛治療でも大切な正しい髪の乾かし方
薄毛治療中に進行しないように、正しい髪の乾かし方やドライヤーの使い方をご紹介しましょう。

・最初にドライタオルをする
キューティクルは熱に弱く壊れてしまうので、短時間で乾かせるようにタオルで余分な水分を取り除きます。
ゴシゴシと強く擦りながら服と摩擦でもキューティクルが破壊されるので、頭皮や髪にタオルを押し当てて優しく拭き上げてください。
髪の傷みが気になる方はドライタオル後、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントの使用がおすすめです。
毛穴詰まりを抑えるために頭皮は避けて痛みやすい毛先を中心に付けていきましょう。

・ドライヤーを使う時のコツ
ドライヤーをかける時は髪や頭皮から20cmぐらい離し、最初は根元に風邪を当て、毛先に向かって熱風を流していきましょう。
先に頭皮を乾かすと長く時間をかけずに乾かすことが可能です。
同じ場所に長時間あてないように、位置を変えながら均等に乾かしてください。
熱風を長時間当てないために、7~8割程度乾いたら一度ドライヤーを止めましょう。

・冷風を当てる
熱によるダメージを防ぐためにドライヤーを冷風に切り替え、温度を下げて髪のキューティクルや頭皮を引き締めていきましょう。
乾ききっていなくても冷風を当てているうちに乾いていきます。

薄毛は進行するほど薄毛治療は長引くので、悪化させないためにもドライヤーは正しく使い、濡れた髪や頭皮を放置しないことが大切です。
ドライヤーは髪や頭皮に近付けすぎず、また熱風を長く当てないように注意し、仕上げは冷風で温度を下げるように心がけましょう。
まだ薄毛治療の経験がない方も乾かし方に気を付けつつ、薄毛や抜け毛が気になったらすぐ薄毛治療専門のクリニックへ相談するようにしてください。

メール相談・カウンセリング予約

PAGETOP

2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
もっと症例写真を見る
詳細はこちら
  • よくある質問
  • クリニックブログ
  • お悩み相談室

アクセスマップ

GoogleMapで地図を見る

東京都新宿区西新宿1-19-5
新宿幸容ビル6F
(1Fソフトバンク)
東京都新宿駅南口より徒歩2分

クリニック案内はこちら
0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

新宿中央クリニック
オフィシャルツィッター


新宿中央クリニック
Youtube動画

新宿中央クリニック公式facebookページ