新宿中央クリニックの薄毛治療・aga専門サイトのクリニックブログです。

0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

メール相談・カウンセリング予約

  1. HOME > 
  2. クリニックブログ

クリニックブログ

新宿で話題の薄毛治療新薬!内服薬ザガーロの効果

新宿にある薄毛治療専門クリニックでは、近年世界から注目されている毛髪科学についての共同研究が行われています。
今回は厚生労働省から新たに認可された「ザガーロ」とい薄毛治療に貢献できる新しい内服薬についてご紹介していきましょう。

ザガーロって何?

ザガーロって何
ザガーロは別名「デュタステリドカプセル」と言われており、男性の脱毛症や薄毛治療のために製造販売された薬です。
2015年に厚生労働省から認可され、新宿にある薄毛治療専門クリニックですでに処方されています。
製造会社はグラクソ・スミスクラインで、有効成分はデュタステリドです。
新宿で多く処方されているのは0.1㎎と0.5㎎の2種類のカプセルになります。
薄毛治療として一般的に処方されているプロペシアと同じ5α還元酵素阻害薬に分類されていますが、既存の内服薬よりも強力で今後の薄毛治療や脱毛症治療に指示されるのではないかと注目されている新薬です。

ザガーロの薄毛治療効果

ザガーロの薄毛治療効果
ザガーロは国内外の臨床試験により「薄毛や脱毛部位に長く太い毛の本数が増える」という結果が報告されています。
20~50歳の脱毛患者を対象とした検査結果では頭頂部の毛髪数の増加が公表されました。
最近のAGA治療薬の臨床試験では「本数が数えられる髪の毛」である本数が増えることを発毛と定義し、24週時における本数の変化を以下のようにあらわしています。

【ザガーロカプセル0.1㎎】…63.0本増加
【ザガーロカプセル0.5㎎】…89.6本増加

また、ザガーロの毛髪数に対してプロペシアは1㎎で56.5本という検査結果が出ています。
それに加えて毛髪の太さにも変化が見られると報告されていることから、今後新宿にあるクリニックで薄毛治療薬の主流となるかもしれません。
服用方法は、先発品であるプロペシアと同じで、1日1カプセルで服用するタイミングは食前食後どちらでもかまいません。
24時間置きに服用することが望ましいので「朝食時に飲む」「就寝前に飲む」などおおよその時間帯を決めておくと良いでしょう。
効果が得られる時期は個人差がありますが、最低でも半年は服用を続けてください。

ザガーロは2016年6月から販売が開始されました。
クリニックによって価格は異なりますが、新宿ではザガーロを安く処方してもらえるクリニックもあります。
プロペシアでは発毛効果が得られなかったという方は、薄毛治療の新薬であるザガーロを検討してみてはいかがでしょうか?

  
メール相談・カウンセリング予約

PAGETOP

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
もっと症例写真を見る
詳細はこちら
  • よくある質問
  • クリニックブログ
  • お悩み相談室

アクセスマップ

GoogleMapで地図を見る

東京都新宿区西新宿1-19-5
新宿幸容ビル6F
(1Fソフトバンク)
東京都新宿駅南口より徒歩2分

クリニック案内はこちら
0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

新宿中央クリニック
オフィシャルツィッター


新宿中央クリニック
Youtube動画

新宿中央クリニック公式facebookページ