新宿中央クリニックの薄毛治療・aga専門サイトのクリニックブログです。

0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

メール相談・カウンセリング予約

  1. HOME > 
  2. クリニックブログ

クリニックブログ

AGAで内服薬を考えている方に

AGA治療の1つ、内服薬

AGA治療の1つ、内服薬
薄毛対策をするために、市販の育毛シャンプーや育毛剤を使うことは一番手軽にできる対策なので使っている方も多いと思います。
市販のシャンプーや育毛剤であれば、近くのドラッグストアに売られておりますが、ご自身で成分や効能を確認した上で、購入することをおすすめいたします。
しかし、さらにもっと満足のいく薄毛対策を!と思われている方やAGA治療を考えている方は内服薬を検討されているかもしれません。
AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)。
このジヒドロテストステロン(DHT)を抑えることのできる内服薬には「フィナステリド」と「デュタステリド」の2種類に分かれます。
どのような違いがあり、どう使い分ければ良いのでしょうか?

フィナステリドとデュタステリドって?

フィナステリドとデュタステリドって
AGA治療の内服薬の1つ目、フィナステリド。
こちらは「プロペシア」という商品名で販売されていますが、「フィナステリド」を主な成分とするジェネリック医薬品も販売されています。
もう1つ目の内服薬、デュタステリドは、日本で2015年に承認されたばかりであり「ザガーロ」という名前で販売されています。
2つの違いを知るには、まず髪の成長を阻害するジヒドロテストステロン(DHT)は、男性ホルモン(テストステロン)と5αリダクターゼと呼ばれる酵素が結合し生成されます。
その5αリダクターゼは2種類あり、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼとに分かれることはご存知でしょうか?
デュタステリドはこの1型、2型共に活性を抑制してくれるのです。
そして、フィナステリドは2型の活性を抑制してくれるものです。
薄毛の進行を遅らせてくれるという意味では同じですが、自分がどんな薄毛の症状なのか、そして費用や副作用などにも違いがあるので、より詳しく知りたい方は薄毛治療を行うクリニックへご相談ください。

薄毛のお悩みは新宿中央クニックへ!
新宿中央クリニックでは、薄毛でお悩みの方にお気軽にご相談いただくため無料で初回診察を行っております。
毛髪再生医療「HARG療法」の認定施設はまだまだ少数です。
毛髪診断士の発毛環境診断で、ご自分の頭皮環境を確認してみませんか?
HARG療法の注入法「JETPLUS」は液漏れがなく正確に注入することができます。出血も少なく腫れにくい方法です。
他にも忙しい患者様にはお薬の処方による治療もあり、お客様に合わせたクリニックならではの薄毛治療をご提案します。

  
メール相談・カウンセリング予約

PAGETOP

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
もっと症例写真を見る
詳細はこちら
  • よくある質問
  • クリニックブログ
  • お悩み相談室

アクセスマップ

GoogleMapで地図を見る

東京都新宿区西新宿1-19-5
新宿幸容ビル6F
(1Fソフトバンク)
東京都新宿駅南口より徒歩2分

クリニック案内はこちら
0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

新宿中央クリニック
オフィシャルツィッター


新宿中央クリニック
Youtube動画

新宿中央クリニック公式facebookページ