新宿中央クリニックの薄毛治療・aga専門サイトのクリニックブログです。

0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

メール相談・カウンセリング予約

  1. HOME > 
  2. クリニックブログ > 
  3. 薄毛治療で使うジェネリック医薬品は本当に安全?

クリニックブログ

薄毛治療で使うジェネリック医薬品は本当に安全?

クリニックでの薄毛治療ではプロペシアという薬が処方されることがありますが、こういった薬は保険適用外なので価格が高いことがデメリットになります。
ですから、比較的安価でインターネットからも手軽に購入できる、有効成分のフィナステリドやミノキシジルを含んだジェネリック医薬品を使用したいと考える方も少なくないでしょう。
同じ医薬品なので安全なイメージがありますが、メリットとデメリットの両方があるのでご紹介していきます。

薄毛治療で使用するジェネリック医薬品のメリットとは?

薄毛治療で使用するジェネリック医薬品のメリットとは
そもそもジェネリック医薬品とは有効性成分や製剤に関わる特許が満了した後に販売される後発の薬を指します。
先発の薬と同様の効果がありながら開発費用を安く抑えられるため、薄毛治療をする人は安く購入することが可能です。
プロペシアの成分であるファナステリドが含むジェネリック医薬品には、海外で製造されている「フィンペシア」や「エフペシア」、「フィナロ」などがあります。
これらの薬はインターネットの通販などで購入でき、プロペシアよりも安いところが魅力です。
また、ミノキシジルの場合は錠剤タイプの流通が中心で、価格だけではなく成分配合率の良さから人気があります。
ジェネリック薬品を使用するメリットは1錠あたりのコスパの良さや成分含有量の高さにあると言えるでしょう。

薄毛治療で使用するジェネリック医薬品に潜むデメリット

薄毛治療で使用するジェネリック医薬品に潜むデメリット
デメリットは日本の厚生労働省の認可を受けていないので、薄毛治療で多大なリスクを背負う可能性があることです。
また、先発の薬と同様の成分でも効果がほとんどない、もしくは効果がありすぎるという点が弊害になってしまうでしょう。
多くのジェネリック医薬品は有効性の試験を重視しており、費用がかかりやすいことから安全性の試験は軽視する傾向があります。
製品の安全性にまつわる情報が少ないので、思わぬ副作用が発症するリスクがあることを理解しなければなりません。
元々薄毛治療で使われるファナステリドは前立腺肥大の治療、ミノキシジルは高血圧の治療を目的に開発されたものなので、2つの成分の取り扱いに注意が求められます。
中には発がん性のあるキノリンなど有害物質を含まれる薬もあるので、知識なしで使用すると危険です。

クリニックを介さず薄毛治療の有効成分が含む薬をお得に購入できる点がジェネリック医薬品のメリットですが、価格と引き換えに安全性にはやや不安があります。
安全面を考慮すると、個人的にインターネットで入手した薬の使用は控え、クリニックで安全に薄毛治療を行った方が良いでしょう。

メール相談・カウンセリング予約

PAGETOP

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
もっと症例写真を見る
詳細はこちら
  • よくある質問
  • クリニックブログ
  • お悩み相談室

アクセスマップ

GoogleMapで地図を見る

東京都新宿区西新宿1-19-5
新宿幸容ビル6F
(1Fソフトバンク)
東京都新宿駅南口より徒歩2分

クリニック案内はこちら
0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

新宿中央クリニック
オフィシャルツィッター


新宿中央クリニック
Youtube動画

新宿中央クリニック公式facebookページ