新宿中央クリニックの薄毛治療・aga専門サイトのクリニックブログです。

0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

メール相談・カウンセリング予約

  1. HOME > 
  2. クリニックブログ > 
  3. パーマ剤で薄毛に近付く?!薄毛治療・メドジェットを行おう

クリニックブログ

パーマ剤で薄毛に近付く?!薄毛治療・メドジェットを行おう

おしゃれのためであったり、髪のボリュームがもっと欲しかったりといった理由からパーマをかける男性もいますが、このパーマ剤が頭皮や髪に大きなダメージを与える可能性があります。
このような頭皮や髪のダメージの蓄積によって、将来薄毛になってしまう可能性があることを知っていますか?
このダメージの蓄積は、日頃のストレスなども関係してきます。
もし既に薄毛に悩んでいる方がいたら、早めに薄毛治療・メドジェットを行いましょう。

パーマ剤と薄毛の関係とは?

パーマ剤と薄毛の関係とは
人間の頭皮は弱酸性に保たれています。
パーマ剤には2つの薬剤が使用されていて、髪の毛の中の成分であるケラチンの中にあるシスチンというアミノ酸を分解する薬剤と、その分解されたシスチンを結びつける働きをする薬剤が含まれています。
パーマ剤は化学反応によって髪の質を変化させるため、成分が強く配合されているだけでなく、頭皮からこれらの成分が浸透してしまうため、パーマ剤の影響は髪だけでなく、頭皮にも及んでしまいます。
また、弱酸性の頭皮に対して強力なアルカリ性が使用されているのも大きな影響となります。

パーマを一度でもしたら薄毛になる?

パーマを一度でもしたら薄毛になる
もし今までにパーマを1回でもしてしまったら薄毛になるのでしょうか?
確かにこのような成分によってダメージはあるでしょうが、1度くらいなら薄毛治療やメドジェットが必要なレベルには達することはありませんが、ヘアスタイルを維持するために何度もパーマをしていた場合は別です。
度重なるダメージによって、将来的に薄毛になるだけでなく、薄毛治療やメドジェットが必要になってしまうこともあるでしょう。
また肌が弱い人の場合は、数回のパーマによって頭皮が傷つき、抜け毛が増えたり、薄毛がだんだんと広がったりしてしまうこともあります。
パーマ後にはきちんと頭皮をいたわることで、将来薄毛になることを予防できます。

パーマのしすぎで薄毛になっていたら

パーマのしすぎで薄毛になっていたら
もし現在薄毛に悩んでいるなら、早めに薄毛治療・メドジェットで改善してみましょう。
薄毛治療の代表的なメドジェットは毛髪再生療法であり、薬剤を一瞬で細胞間に浸透させることができて、その効果の高さや痛みの少なさで効率の良い治療を行うことができます。
また薄毛治療では、その痛みが耐えきれないという方もいたのですが、メドジェットになると一瞬で浸透していくため、ほとんど痛みがないのも魅力です。
薄毛が気になる方や痛みに弱い方などは、薄毛治療・メドジェットで改善してみましょう。

メール相談・カウンセリング予約

PAGETOP

2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
もっと症例写真を見る
詳細はこちら
  • よくある質問
  • クリニックブログ
  • お悩み相談室

アクセスマップ

GoogleMapで地図を見る

東京都新宿区西新宿1-19-5
新宿幸容ビル6F
(1Fソフトバンク)
東京都新宿駅南口より徒歩2分

クリニック案内はこちら
0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

新宿中央クリニック
オフィシャルツィッター


新宿中央クリニック
Youtube動画

新宿中央クリニック公式facebookページ