新宿中央クリニックの薄毛治療・aga専門サイトのクリニックブログです。

0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

メール相談・カウンセリング予約

  1. HOME > 
  2. クリニックブログ > 
  3. ドライヤーは薄毛治療で大事!薄毛予防にもなる正しい髪の乾かし方

クリニックブログ

ドライヤーは薄毛治療で大事!薄毛予防にもなる正しい髪の乾かし方

薄毛治療をされる人の中には、髪を乾かさなかったり、ドライヤーの使い方が間違っていたりすることは薄毛につながっていることがあります。
実はドライヤーを使って髪を乾かすことは、薄毛治療での改善や予防に大きく関わってくることをご存知でしょうか?
悪化させずスムーズに薄毛治療を進め、同時に予防するために正しいドライヤーの使い方と乾かし方を学びましょう。

ドライヤーで乾かすことが必要な理由とは?

ドライヤーで乾かすことが必要な理由とは
頭皮が濡れている状態だと蒸れてしまい、雑菌が繁殖しやすい環境になります。
雑菌は頭皮の炎症や嫌なにおいを発生させ、ますます頭皮環境が悪くなるので薄毛の原因と関わってくるのです。
また、濡れた髪は表面を保護するキューティクルが破壊されやすく、髪は水分を保てずパサつき、それも抜け毛の原因になってしまいます。
このことから、濡れた髪や頭皮はドライヤーを使って乾かした方が良いのです。
薄毛治療では頭皮環境を整えることが大切なので、悪化を防ぎ改善を促進させるためにもしっかり乾かしましょう。

薄毛治療でも大切な正しい髪の乾かし方

薄毛治療でも大切な正しい髪の乾かし方
薄毛治療中に進行しないように、正しい髪の乾かし方やドライヤーの使い方をご紹介しましょう。

・最初にドライタオルをする
キューティクルは熱に弱く壊れてしまうので、短時間で乾かせるようにタオルで余分な水分を取り除きます。
ゴシゴシと強く擦りながら服と摩擦でもキューティクルが破壊されるので、頭皮や髪にタオルを押し当てて優しく拭き上げてください。
髪の傷みが気になる方はドライタオル後、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントの使用がおすすめです。
毛穴詰まりを抑えるために頭皮は避けて痛みやすい毛先を中心に付けていきましょう。

・ドライヤーを使う時のコツ
ドライヤーをかける時は髪や頭皮から20cmぐらい離し、最初は根元に風邪を当て、毛先に向かって熱風を流していきましょう。
先に頭皮を乾かすと長く時間をかけずに乾かすことが可能です。
同じ場所に長時間あてないように、位置を変えながら均等に乾かしてください。
熱風を長時間当てないために、7~8割程度乾いたら一度ドライヤーを止めましょう。

・冷風を当てる
熱によるダメージを防ぐためにドライヤーを冷風に切り替え、温度を下げて髪のキューティクルや頭皮を引き締めていきましょう。
乾ききっていなくても冷風を当てているうちに乾いていきます。

薄毛は進行するほど薄毛治療は長引くので、悪化させないためにもドライヤーは正しく使い、濡れた髪や頭皮を放置しないことが大切です。
ドライヤーは髪や頭皮に近付けすぎず、また熱風を長く当てないように注意し、仕上げは冷風で温度を下げるように心がけましょう。
まだ薄毛治療の経験がない方も乾かし方に気を付けつつ、薄毛や抜け毛が気になったらすぐ薄毛治療専門のクリニックへ相談するようにしてください。

メール相談・カウンセリング予約

PAGETOP

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
もっと症例写真を見る
詳細はこちら
  • よくある質問
  • クリニックブログ
  • お悩み相談室

アクセスマップ

GoogleMapで地図を見る

東京都新宿区西新宿1-19-5
新宿幸容ビル6F
(1Fソフトバンク)
東京都新宿駅南口より徒歩2分

クリニック案内はこちら
0120-669-970

メール相談・カウンセリング予約

新宿中央クリニック
オフィシャルツィッター


新宿中央クリニック
Youtube動画

新宿中央クリニック公式facebookページ